人気&おすすめのヘアミルクやその効果は?市販品はどれがいい?

 

洗い流さないトリートメントのタイプの1つにミルクタイプがあります。

 

それがヘアミルクにあたるわけですが、タイプを絞っても洗い流さないトリートメントは種類が豊富です。

 

また、ヘアミルクに辿り着く方はの多くはヘアオイルを使ったけど、イマイチ効果がなかった…頭皮が荒れてしまった…などオイルタイプが髪質や頭皮に合わなかったという事が多いと思います。

 

そこで、ヘアミルクの中でも人気の物を取り上げて、その効果についてまとめてみました。

 

ヘアオイルの洗い流さないトリートメントを色々使ってみたけど、しっくりくるものがない…という方は、一度ミルクタイプに変えてみるのも良いでしょう。

 

ヘアミルクの効果やメリットは?ヘアオイルよりおすすめ?

 

ヘアミルクは基本的に髪の水分量や保湿力を補う効果があるものが多いです。

 

その為、トリートメント自体のテクスチャー(触感)もヘアオイルと比べて軽く、さっぱりとした使い心地といえます。

 

ヘアミルクは髪に浸透しやすいのが特徴で、髪の内部から潤いを与えてパサつく髪をしっとりさせる効果が望めるでしょう。

 

ヘアオイル程重さがないので、髪が柔らかくてぺたんとしてしまいがちな方や猫っ毛の方のヘアケアにミルクタイプは向いています。

 

ヘアミルクもヘアオイル同様に、髪を外部ダメージから保護する成分が配合されている事が多いです。

 

髪の傷みが激しい場合は保護成分に加えダメージ保守成分も含んでいるものを選ぶのが良いでしょう。

 

ただ、ヘアミルクは浸透性の方が優れているので、髪の保護を重視する場合はヘアオイルの方が思ったような効果が得られることがあります。

 

スタイリングにも使えるのがうれしい!

 

基本的に洗い流さないトリートメントは、タオルドライ後に使うのが主流ですが、ヘアミルクは朝のスタイリングに向いているものもあります。

 

例えば、髪に付けて指やブラシで巻きながらブローする事で、髪を軽くカールさせたりする事が可能です。

 

他にも、パーマやカラーの維持に使るものもありますから、ただ髪質を良くするだけでなくスタイリングの持続にも役立つといえるでしょう。

 

また、ヘアミルクに配合されている成分には、髪内部の水分や保湿力などを補填することでハリやコシを出す効果が望めるため、スタイリングがし易い髪を目指す事が可能です。

 

ムースやワックスのべたつきが苦手…という方はスタイリング剤にも使えるヘアミルクを使ってみてください。

 

人気&おすすめヘアミルクランキング

 

以下、市販のドラッグストアでも買えるプチプラ品も含めた、お勧めのヘアミルクをランキング形式にしました。

 

ミルボン エルジューダ エマルジョン+

 

バオバブエキスとCMADK(ケラチン)配合で、ハイダメージな太い髪の方でも効果が実感できる!と人気のヘアミルクです。

 

数あるミルボン エルジューダシリーズの中でも、エマルジョン+は一番ダメージ補修に特化しており一番人気といえます。

 

バオバブエキスの保湿成分で髪を柔らかい質感に仕上げる事が出来ます。

 

髪にボリュームを持たせるのにも向いているヘアミルクです。

 

ヘアオイルでは髪がぺたんとしてボリュームダウンしてしまう、猫っ毛でボリュームが出せないという方にもおすすめです。

 

ボタニスト ボタニカルヘアミルク(スムースタイプ)

 

ボタニストのボタニカルヘアミルクにはスムースタイプとモイストタイプの2種類があり、特にスムースタイプが人気となっています。

 

ボタニカルヘアミルクはサイズ感がコンパクトで、バッグなどに入れて外出時にも髪を直すのに使えるのがいい!という口コミが多いです。

 

乾いた髪にも使えるので、広がりが気になる時にもボタニカルヘアミルクは重宝するでしょう。

 

かなりテクスチャーが軽く、付け直しをしてもべたつかない為、パサつきが気になった時に使るのがおすすめポイントといえます。

 

植物由来の成分配合なので、地肌が弱い方にもおすすめできるヘアミルクです。

 

モイストタイプは、スムースタイプよりはテクスチャーが重いので、付け過ぎには注意してください。

 

ロレッタ メイクアップミルク(ナチュラル)

 

トリートメント商品が人気のロレッタから出ているヘアミルクで、スタイリングにも使える事で人気です。

 

ワックスなどテクスチャーが重くべたつくスタイリング剤は使いたくない!という方に、ロレッタ メイクアップミルクのナチュラルはおすすめ出来ます。

 

毛先に動きを出したい時や軽くカールをさせたい時に、このヘアミルクを使っている方が多いです。

 

さらにしっかりパーマを再生したり、カールやウェーブをしっかり出したい場合は、メイクアップミルクのグラマラスタイプの方が良い口コミがたくさん寄せられています。

 

ナチュラルタイプの方は、髪が細い方やさっぱりしたトリートメントを使いたい方におすすめです。

 

ミルボン プレジュームミルク 3

 

保湿性に長けているスタイリングヘアミルクで、パーマやウェーブヘアのヘアスタイルの方におすすめです。

 

髪の水分量を増やし、パサつきにくいしっとりとした髪が目指せるでしょう。

 

デジタルパーマなどのカールも綺麗にスタイリングしやすいヘアミルクとして人気があります。

 

パーマが緩くなってきた頃に使って、カールが復活したので重宝している!という口コミが多いヘアミルクです。

 

指で髪をくるくるとゆるくねじりながらドライヤーの熱を当てると、ふわりとしたスタイリングが可能です。

 

プロマスターアプリエ ヘアヴェール ミルク

 

ヘアカラー後のヘアケアに向いているミルクタイプのアウトバストリートメントです。

 

美容室などでもカラーリング後に使用しているところが多く、カラー後の髪の保護に優れています。

 

オイル保護膜を作り髪の表面を覆うヘアヴェール技術で、髪が過剰に水分を吸収してしまうのを防ぎます。

 

ココナッツオイル配合で、滑らかな手触りの髪がめざせるでしょう。

 

髪が細い方は少し重たくなることがあるので、量を調節したり他のヘアミルクにしたりした方が良いでしょう。

 

ヘアミルクとクリームの違いは?

 

洗い流さないトリートメントには、ヘアミルクと似たようなクリームタイプというものもあります。

 

実際、クリームタイプとヘアミルクはそこまで性質に違いがありません。

 

ただ、ヘアミルクが多少液体でサラリとしたテクスチャであることが多いのに比べ、クリームタイプの方は硬めだったりべたつきやすい物も少なくない傾向といえます。

 

ヘアミルクの方がスタイリングにも使え、軽い髪の仕上がりにし易いので朝にも使いたい場合は、クリームよりもミルクの方がおすすめです。

 

髪が太くて硬めの方はクリームタイプを夜にしっかり使うと良いでしょう。

 

髪が太かったりダメージが酷すぎたりする場合は、ヘアミルクでは物足りなさを感じる可能性が高いので、そういった方はクリーム又はヘアオイルの方が向いています。