おすすめのヘアマスクはどれ?人気ランキングと効果・使い方

 

ヘアマスクはインバストリートメントと何が違うんだろう?絶対にしなきゃいけないわけじゃないならいいか…。

 

というように思っている方は少なくないと思いますが、少しでも髪質を良くしたいならヘアマスクは使うべきヘアケアアイテムといえます。

 

確かに、基本のシャンプーにトリートメント、加えて洗い流さないトリートメントくらいを使っていれば、ある程度綺麗な髪が保てるといえるでしょう。

 

しかし、中にはその基本のヘアケアでは効果がなかったり、もっとツヤやハリが髪に欲しい!という方もいると思います。

 

そういった方にこそ、ヘアマスクは+1のケアとして取り入れる事をおすすめします。

 

ヘアマスクの使い方は?インバス・アウトバスいつ使うの?

 

ヘアマスクの使い方や使うタイミングがよく分からないんだけど…という方もいると思います。

 

サイト管理者も最近までヘアマスク=インバストリートメントの一種ぐらいの認識だったので、恥ずかしくないですよ!

 

ヘアマスクを使用するタイミングは基本的に入浴時です。

 

ヘアマスク利用の際は順番が重要で、シャンプーで洗髪した後にヘアマスクを塗布し、しばらく置いた後洗い流し、最後にインバストリートメントやコンディショナーを使ってください。

 

つまり、シャンプーとトリートメントの間にひと手間挟む事になります。

 

ヘアマスクは髪の内部に浸透し作用するものなので、先にシャンプーで汚れを落とし軽く水をきってから、髪の特に傷んでいる部分などから揉むように塗布していきます。

 

その際、頭皮にヘアマスクは付けないようにしましょう。

 

頭皮にヘアマスクが付いてしまうと、毛穴が詰まってしまったりして逆に悪影響となってしまうので注意が必要です。

 

ヘアマスクは髪に付けた後使ったアイテムごとに規定の放置時間があるので、短すぎたり長すぎたりしないように注意して洗い流してください。

 

ヘアマスクの後はリンスやコンディショナーでヘアマスクによる内部の髪補修効果を逃がさないようにケアしましょう。

 

時に、シャンプー・ヘアマスク・コンディショナーの3つを毎日入浴時にやるのはめんどくさい!!と思った方に朗報です。

 

ヘアマスクは毎日使うと髪が重たくなったり、頭皮に必要以上に油分を与えてしまう原因にもなります。

 

その為、ヘアマスクの使用頻度は1週間のうちに2、3度が適切です。

 

毎週の休日やその前日の入浴時に使うなら、多少の手間がかかっても良い気がしませんか?

 

ヘアマスクの成分や効果の合ったものを選ぶ!

 

時に、一重にヘアマスクといっても種類が沢山ありますし、それぞれ配合されている成分や効果が当たり前ですが違います。

 

自分の髪に合ったお気に入りのシャンプーやトリートメントがある場合は、同じブランドやメーカーのヘアマスクを選ぶのも良いでしょう。

 

ただ、シャンプーやトリートメントは良かったけど、ヘアマスクは別の所のを使った方が良いかも…という事もあります。

 

そういった場合は、ヘアマスクに含まれる成分やどんな効果が売りなのかで選ぶようにするのがおすすめです。

 

植物オイル配合は乾燥におすすめ

 

例えば、髪がパサついていたり頭皮が乾燥している場合は、保湿成分として優れている植物性オイルが配合されているヘアマスクが良いでしょう。

 

シアバターやホホバオイル、ヒマシオイルなどといった植物オイルが配合されていると、乾燥した髪や地肌に効果的です。

 

ダメージ補修ならケラチン配合がおすすめ

 

髪がゴワついていたりまとまりがなかったりする場合は、髪が傷んでいる事が考えられるのでダメージ補修成分配合のヘアマスクを検討してみましょう。

 

ケラチンなど髪のキューティクルを保護し、ツヤを持たせながらダメージ補修にも効果がある成分が含まれているものがおすすめ出来ます。

 

パンテノールという保湿効果が高く、補修効果も期待できる成分配合のヘアマスクも傷んだ髪におすすめです。

 

ヘアマスクでもノンシリコンがいいの?

 

また、シリコン入りかノンシリコンかも、トリートメントなど同様にヘアマスクでもチェックした方が良いです。

 

ただ、ノンシリコンのヘアマスクを選ぶ!という事ではなく、シリコンの効果を理解し自身の髪や頭皮の質も把握したうえで、シリコンの有無を見ましょう。

 

シリコン自体には髪の表面を補修し、ツヤや纏まりを出す効果があります。

 

しかし、髪や頭皮が敏感な方にとっては、シリコンの成分と効果が強すぎる為、地肌のトラブルなどが人によっては起こってしまう事があるのです。

 

加えて、シリコン配合の場合はテクスチャが重い事があるので、髪が猫っ毛でぺたんとし易い方にもシリコン入りよりノンシリコンの方がおすすめ出来ます。

 

髪の表面ダメージがかなり深刻で、傷んで髪がバサバサ…という方は逆にシリコン配合のヘアマスクを選んだ方が望む効果が得られる可能性が高いです。

 

おすすめ人気ヘアマスクランキング

 

上述してきたヘアマスクの使い方や効果を踏まえて、人気のヘアマスクをおすすめ順にランキングにしました。

 

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

 

プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクは、資生堂のヘアケアアイテムブランドのfino(フィーノ)から出ているヘアマスクです。

 

スキンケアにも使われている美容成分のローヤルゼリーEXと毛髪ひきしめ効果PCAが配合されており、髪の内部や表面のダメージ補修に特化しています。

 

化粧品やスキンケア商品を扱っている資生堂だからこその、保湿力と補修効果に優れたヘアマスクで傷んだ髪がしなやかになる効果が期待できるでしょう。

 

使用後の仕上がりはサラサラとした手触りになるので、て髪に動きを持たせるスタイリングがしたい方にもおすすめです。

 

プチプラ価格なのもあり、さまざまなショッピングサイトで人気が高く、口コミ評判も良いヘアマスクとなっています。

 

テクスチャーは重めですが髪への浸透性が良いので、べたつき感はありません。

 

グレースフローラルの香りがキツ過ぎず、香りものが苦手な方にもおすすめ出来ます。

 

ルベル イオ ディープマスク ・イオ セラムマスク

 

ルベルのイオシリーズにはダメージ髪を扱いやすくする優秀なヘアマスクが2種類あります。

 

両方とも配合されている成分や効果は似ていますが、イオディープマスクの方がハイダメージ向けのヘアマスクといえます。

 

というのは、イオディープマスクには水添ポリイソブテンという成分が配合されており、髪の表面を強力にコーティングし傷みを押さえてくれるからです。

 

その為、髪が傷みすぎてゆがみによるクセや広がりがなかなか治らない!という方に、イオディープマスクはおすすめ出来ます。

 

イオセラムマスクの方は、イオディープマスクよりも髪内部の補修効果が望め、健康的な髪質改善がし易いです。

 

どちらも保湿力があり、塗布した後のべたつきはなくサラサラの仕上がりになります。

 

週に一度の使用が望ましいので、手間がかかるのが嫌な方にもおすすめです。

 

ただ、コーティングによるツヤだしには優れていますが、敏感肌の方には水添ポリイソブテンとシリコンの刺激が強いので注意してください。

 

ボタニスト ボタニカルヘアマスク

 

インバス・アウトバストリートメント共に評価が高いボタニストはヘアマスクも優秀アイテムです。

 

高い保湿力のある11種類のアミノ酸やスクワラン、セラミド2などの成分配合で、乾燥した髪や頭皮に潤いを与えます。

 

天然アボカド油などの植物由来成分も配合されており、ツヤのあるしなやかな髪が望めるでしょう。

 

週に1回の使用で髪を内部から整え、指どおりの良いしっとりした髪を目指すことが可能です。

 

ジェルクリームタイプですが、さらりとしたテクスチャでべたつきや重さがなくるけるヘアマスクとなっています。

 

ラズベリーとアプリコットのほんのり甘い香りは、しつこ過ぎないものの香り自体は持続性があり口コミで評判です。

 

ボタニカルヘアマスクは細い髪のパサつきを抑えるのに効果的ですが、クセが強い髪や傷みが激しい場合には少し役不足な場合があります。

 

モイストダイアン エクストラダメージリペア ヘアマスク

 

切れ毛や枝毛など見た目に分かるほど髪が傷んでいる方におすすめなのが、モイストダイアンのエクストラダメージリペア ヘアマスクです。

 

モイストダイアン独自のケラチン成分とオーガニックアルガンオイル配合で、毛先までまとまりの良い髪が目指せます。

 

ミノケラチン7倍配合で、補修力に優れたヘアマスクといえます。

 

保水力と浸透性に優れているウチワサボテン種子イルも配合されており、髪のダメージを内部から補修する効果も望めるでしょう。

 

髪が傷んでいる人ほど、ヘアマスク使用後の効果の実感があると評判なので、どんなヘアケアでも傷みが良くならない…という方は試してみる価値があります。

 

ただ、テクスチャーが硬めのクリーム状なので伸びが悪く、かなり長い髪や毛量が多い方はコスパが厳しいという口コミや評価が少なくないです。

 

ラサーナ 海藻海泥ヘアマスク

 

黒い粘土(笑)みたいな見た目の重めなテクスチャが特徴的なラサーナ 海藻海泥ヘアマスクは、集中ダメージケア向きのヘアマスクです。

 

3種の海藻成分複合体であるコルケアコンプレックス配合で、補修成分が髪の芯まで浸透しやすく内部から髪を補修します。

 

髪内部から補修をしつつ、パーマやカラーなどで傷んでしまっている髪の表面のキューティクルも補強し、パサつきを抑えハリやツヤを出す効果も期待できます。

 

即効性よりは徐々に髪のコンディションを整えるヘアマスクなので、週1〜2回の使用を継続していくのが望ましいです。

 

クリームの見た目からは想像できない、ローズヒップの甘ずっぱいさわやかな香りも人気の理由といえます。

 

ただ、若干価格が高めのヘアマスクなので、プチプラなヘアマスクを求めている方にはお財布的に厳しいでしょう。

 

ヘアマスクの使用がおすすめなのはどんな人?

 

人気のヘアマスクはどれも傷んだ髪の補修に高い効果が望めるものが多い傾向にあります。

 

その為、シャンプーやインバス・アウトバストリートメントにこだわっているのに全然効果がない!という方は、一度ヘアマスクを試してみても損はない事でしょう。

 

しかし、髪の表面の見た目をよくするために、シリコンや多少刺激の強い成分が入っているヘアマスクもあるので、自身の頭皮の状態もきちんと振り返ってからヘアマスクを選ぶ事をおすすめします。

 

サロン通いが面倒で…月に何度もサロンに行くのはお金がかかる!という方も、自宅でヘアマスクを使う事で頻度を減らしているという口コミも多いので、ヘアマスクを一つ購入するのが節約になる可能性もゼロではありません。